モバイル通信の比較


近年、モバイル通信を使う人が徐々に増えています。個人的に、twitterのオフ会には度々参加するのですが、ほぼ全員がスマートフォン持ち、半分程度がタブレット持ちという場合もあり、またモバイル通信も当然ながら確保している人が多いです。

ということで、色々あるモバイル通信の特徴を比較してみようと思います。

モバイル通信の種類

色々あるので、まずは列挙してみます。wikipediaによると、

  • モバイルWiMAX
  • 3G回線
  • PHS
  • 無線LAN

現状では、以上の3種類+無線LANがあります。

無線LANを除いて、このなかからさらに細分化&詳細は、

モバイルWiMAX

WiMAXは、6GHz帯以下を使っている、高速モバイル通信。モバイルWiMAXを提供しているUQコミュニケーションズでは、下り最大40Mbpsという速さです。

2009年ごろから始まったサービスなので、エリアは都道府県の県庁所在地付近、首都圏などに限られます。

あと、遮蔽物に弱いので、屋内で使う場合はちょっと工夫が必要。

3G回線

細分化すると、

  • docomo FOMA
  • イーモバイル
  • KDDI
  • ソフトバンクモバイル

があります。

エリアの広さは、携帯電話事業者のdocomo、au、ソフトバンクが圧倒的。ソフトバンクはやや狹いと思います。対してイーモバイルは、人口カバー率90%となってはいるものの、田舎ではエリア対象外ということもあります。

この中で人気の有るものは、docomoのFOMA回線を使ったものとイーモバイルです。

docomoは単純にエリアがほぼ日本全国であるから。イモバは100円パソコンの影響が大きいかと思います。

PHS

現状ではウイルコムのみとなっています。

通信速度は256kbpsとなっていて、他のモバイル通信サービスと比べて、とても遅いです。エリアは日本全国

まとめ

PHSは、日本全国とは言えど、それは3G回線でも可能であり、速度も遅いので、今からPHSを選ぶ理由は見当たらず。

WiMAXは、エリア内ではその恩恵を受けられますが、エリア自体がまだまだ狹いです。エリア内であればWiMAXがオススメで、料金も3G回線より安いです。参考→WiMAX比較サイト

どこでも使いたいというのであれば、3G回線がオススメですね。

カテゴリー: コラム   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>