インテルSSD320シリーズで容量8MB病になる不具合


SSDと言ったらインテルという位に浸透しているインテル製のSSDですが、最新シリーズの1つである320シリーズで、容量が8MBになる不具合があるようです。

容量が激減しても戻せるが

リンク先より、

インテル純正を含むメンテナンスツールで正常に認識される状態に戻せるものの、その過程でデータは失われてしまうとの報告もあります。

とのことです。データが消えるのはかなり痛いです。

BTOノートでインテルSSDは避けたほうが無難か

マウスやパソコン工房では、BTOノートパソコンを購入する際に、SSDを選択できますが、おもいっきりインテル(R)320/MLCなどと書かれています。つまり、問題のある320シリーズを搭載しています。

なので、SSDのメーカーなどが分かるなら、そういったところにも注意する必要がありましょう。

インテルのSSDかどうかを見分ける方法

インテルのSSDは、1の位が必ず0になっています。よくあるような64GBとか128GBというような端数ではありません。

SSDの容量を見るだけで分かります。ですが、メーカーの絞り込みはできません。あくまでインテルじゃない、というのを判別する目安の1つとして。

最新シリーズの510シリーズには不具合なし

320シリーズの他、510シリーズというのもありますが、こちらは不具合はありません。

そもそも510シリーズと320シリーズの違いですが、SATA3対応かどうかというのが大きな違いです。

現状、510シリーズを使う場面というのは、デスクトップ機を自身で換装するのが主流。ノートでもできるといえばできますが、SATA3に対応しているマザーが必要で、それは最新CPUが搭載されていない限り、510シリーズに換装する意味が無いです。値段も高いですし。

X25-Mシリーズがベターか

SSDにインテルを使うという前提であれば、320シリーズ前世代のX25-Mシリーズがベターでしょうか。

現状、X25-Mには特に不具合もないようです。ただ、SSD価格としては、取り扱いショップも少なく、価格はちょい高め。

カテゴリー: コラム   タグ: ,   この投稿のパーマリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>