Macを選ぶ人が増加中


ただしアメリカ国内のみ。

海外、ここではアメリカ国内のみですが、Fortune500に選ばれている企業の35%が、パソコン選びの際にMacを選べるようにしており、多くの人がMacを選んでいるとのことです。

ちなみにFortune500というのは、財務状況を公開している企業、の中から500社選んで順位付けしています。

ブラウザアプリケーションの優位性か?

考えられる原因としては、いわゆるインストール型のアプリに変わって、ブラウザーを使ったウェブアプリが充実してきたというのがあるでしょう。

ブラウザーは、基本的にどのOSにも搭載されており、そのブラウザーで動くアプリケーションは、ブラウザーがインストールされているOSに依りません。

それどころか、スマートフォンやタブレットでも動かせるので、デバイスの垣根も楽々超えられます。

個人的にも、次に買うノートパソコンは、Macを検討候補にいれていますが、それはOS依存アプリの必要性があまり感じられないため。今後は、脱Windowsの流れが加速しそうです。

カテゴリー: コラム   タグ: ,   この投稿のパーマリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>