Vistaがあと8ヶ月でサポート終了の今、選ぶべきパソコン


Windowsのサポート期限についてページを作成しており、定期的にアクセスがあるのですが、Windows Vistaのエディションの一部のサポートが、2012年4月10日に切れます。

サポートが切れるとどうなるかというと、Wiindows Updateの新規更新プログラムが、新たに追加されることなく、道の脆弱性に対応できない事となります。

Vistaのサポート期限はあと8ヶ月弱しかない

厳密にはHome Premium、Home Basic、Ultimateの3エディションですが、8ヶ月弱で更新がなくなります。

というわけで、上記3エディションに該当するVistaユーザーは、そろそろ更新プログラムがまだ配布されるOSに乗り換え検討をしましょう。

現在の選択肢

現状、Windows XPとWindows 7があります。他のLinuxとかUbuntu、MacなどのOSもありますが、ややこしくなるので、Windowsのみとします。

Vistaの次にサポート期限が切れるのが、2014年4月8日のXPのサポート。その約9ヶ月後の2015年1月13日にWindows 7の一部のエディションが期限となります。

ここで気になるのが、Windows 7 Home Premiumのサポート期限が2015年中で無くなってしまうことです。今現在からは3年強ですが、期限としては微妙なところ、というのが僕自身の感想です。

解決策としては、Windows 7 Professional

Win 7 Proは、ビジネスユーザー向けということで、更新プログラム配布期限が2020年となっています。これであれば、3年以上の使用もできます。

新しいPCを購入する際は、OS選択でProを選ぶと安心できるでしょう。

Windows 8は本当に出るのか

これからの大きな流れとしては、Windows 8が、2012年に出ると言われています。

となると、Windows 7の位置づけはかなり微妙なことになるでしょう。

明らかに、後続のWin8の方が、サポート期限も長いはずだからです。もちろん、Win8の出来次第ではありますけれども。

HomePremiumとProfessionalの価格差

新規にPCを購入する際の目安としては、OSの価格差として5000円から10000円を見ておけば大丈夫でしょう。ほとんどのメーカー、BTOショップが、これらの値段に収まります。国内有名メーカーはほとんど10000円の値上げでProにできます。

ほかには、VistaにAny time updateを適用したりなどがありますが、僕個人としては32bitから64bitへ変更するために新規インストールをやっただけなので、アップグレードする場合はよく調べてからやりましょう。

カテゴリー: コラム   タグ: ,   この投稿のパーマリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>