電気料金が2012年7月1日にあがる見通し


パソコンを動かすには電気が必要ということで、電気の話題。本日2011年8月26日に、再生可能エネルギー特別措置法案が参議院を通過しました。

再生エネ特措法ですが、電力業者が太陽光発電などで発電した電気を全量買取るというもの。電力を買い取ると、電気業者はその分損をするので、損失分の一部が各家庭や企業の電気料金に上乗せされます。

再生エネ特措法で、月150円電気料金があがる模様

2011年8月24日日経朝刊5面記事より。各家庭への影響が掲載されていたので引用すると、

政府は仮の買取価格を前提に企業や家計への影響を試算しており、20年度の転嫁分は1キロワット時0.5円。標準家庭で月150円、日本全体では年間4900億円の負担増となる。

とのことです。年間で1800円の負担増となります。

この金額は現時点での試算ですが、将来的に再生エネの普及が加速した場合は、さらに電気料金があがる可能性もあるようです。自宅で太陽光発電システムなどを持っていない殆どの人にとっては、胸糞悪い話ですが、更なる値上げもあることから、PCも省エネ製品が増えるのかなと考えております。

カテゴリー: コラム   タグ:   この投稿のパーマリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>