IO-DATA液晶ディスプレイの評価・レビュ一


昨年の金正日が亡くなった日に、なぜか僕の液晶モニターもお亡くなりに。

モニターがないとパソコンが使えませんので、急遽近くのヤマダ電機にて売っていたものを購入いたしました。買ったのはタイトルにもある通り、IO-DATAの21.5型液晶ディスプレイLCD-MF221XGBR

そのモニターの使い心地、評価について。

IO-DATAの21.5型液晶ディスプレイLCD-MF221XGBRの特徴

まずはこのディスプレイがどんなディスプレイなのかについて、簡単に箇条書きにて。

  • HDMI、DVI、D-SUBのコネクターがあり、それぞれのコードも付属
  • オーディオスピーカー付き(しょぼい)
  • グレア液晶
  • ECOモードで消費電力を抑えられる

表側はたくさん画像があるかと思うので、あまり画像がないであろう裏側の画像を以下に。クリックで拡大できます。

アイ・オー・データ機器液晶ディスプレイの裏側画像

使ってみた感想

液晶の見え方、スピーカーについて書いてみますと、

写りは綺麗、でも疲れる

グレア液晶は、一般的に映像の映えが良くなります。が、光の反射・映り込みがあるので、事務作業などはきついかと。僕も実際に使ってみて、事務作業には向いていないと思いました。

集中して事務作業をしているときに、自分の後ろにある景色が映り込むのは集中力を削ぎ、結果的に疲れると。

映像のように、画面全体を見るものならほとんど関係ありませんが、事務作業のように、ディスプレイのごく一部のみを見続けるような場合は、グレア液晶は不向きです。

スピーカーはおまけ程度か

以前は外部スピーカーを使っていたのを、ディスプレイ付属のスピーカーに変更してみました。音質は微妙という判断を下しています。特に音楽は、以前のスピーカーの方が良かったように思います。

スピーカー入力の横に、ヘッドフォン出力もあります。こちらにスピーカーのコードをつないでスピーカー出力をしてみましたが、スピーカー単体よりも音質は劣化気味。音質を求めるなら、ディスプレイ付属のスピーカーは使わないほうがいいでしょう。

反面、利点としては、電源コンセントが1つあまることでしょうか。ディスプレイには電源コード1本で電気供給ができているので、新しくスピーカー用にコンセントが必要ということはありません。

まとめ

今回は、急遽ディスプレイがお亡くなりになったということで、選択肢がない中で選んだのですが、ディスプレイ選びは重要だなと改めて思いました。

液晶ディスプレイの選び方は、書いたことがあるのでそちらを参考に。また、液晶ディスプレイの修理に関しても書いたので参考までにどうぞ。

カテゴリー: コラム   タグ: ,   この投稿のパーマリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>