インテルHD グラフィックス 4000とHD グラフィックス 3000の比較


Ivy Bridgeから搭載されている、CPU内蔵グラフィックスがIntel Graphics HD 4000というものです。前世代であるSandy Bridgeには、Intel Graphics HD 3000が搭載されていました。

この2つのグラフィックスはどのくらい違うのかが掲載されていたのでご紹介。

インテル HD 4000とHD 3000では30~120%もパフォーマンスが違う

リンク先より画像を借りますと、インテルHD 4000は、前世代のHD3000と結構違ってパワーアップしております。下記画像では有名ドコロのゲームのベンチマークが載っていますが、解像度を小さくしたら、もう専用グラフィックスは要らないのかもしれません。

もちろん、大解像度で超美麗グラフィックスを楽しみたいとかになると、まだまだ専用グラフィックスの領域でしょうけど。

intelhd4000vs3000-01

インテルHD4000とGT240の比較ではまだまだだな

一方、専用グラフィックスであるnVIDIAのGT240との比較は以下の様な感じに。まだまだそこまでのレベルではないということですね。

intelhd4000vs3000-02

でも、モバイル用途では充分すぎる性能だと思います。

カテゴリー: コラム   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>