32bit OSと64bit OSの違い


Windows7が出てから結構時間が経過しておりますが、64bit版OSというのが市民権を得たと思います。とはいうものの、32bitと64bitではどう違うのか?を知っていな人も多いのではと思います。

Windows 7 64bit版が発売して時間が経ちましたが、違いを解説してみようと思います。

メモリの認識可能容量

一番の違いは、32bitだと約4GBまでしかメモリを認識しませんが、64bitでは理論上、16,000,000,000GB=16,000,000TB=16EB(エクサバイト)まで認識できます。これは、2の64乗がこの数のため。

ただ現実問題として、物理的にそこまでメモリを載せられないですし、そもそもメモリ上限は、OS、CPU、マザーボードの制約を受けます。

OSの起動は64bitが遅い

 OSの起動時間速度

日経トレンディの記事より。終了時間はほとんど変わりませんが、起動時間では大きく差がついております。メモリを増やすと更に起動時間が遅くなっております。

メモリを増やすと遅くなるのは、起動の際にメモリーチェックが入るからとのことです。より大きいと、チェックする量が増えますので。

起動時間では差がありますが、これは起動ディスクをSSDにすることで、時間差はかなり縮まると思います。

ソフトの起動は64bitが速い

ソフトの起動時間比較

1つ上と同じページの日経トレンディより。

ワードという、あまりパソコン性能を要求しないソフトであれば、起動時間はさほど変わりません。ですがフォトショップのように、パソコン性能を要求するソフトでは、起動時間に差が出てきます。

上記はフォトショしか掲載されていませんが、最新3Dゲームとか、ネトゲであれば、もっと差が開くのではないでしょうか。

ソフトの起動に関しては、メモリー容量が増えれば起動が早くなります。64bitの場合、32bitに比べてメモリを増やすことがで、Win7 HomePremiumだと、16GB、Win7ProやUltimateだと192GBまで搭載可能。ということは、64bitでメモリを積めるだけ積めば、かなり速くなるでしょう。お金はかかりますが。

64bitで32bitのソフトが使えるのか

結論から言うと、64bitOSが普及しだして時間が経過したこともあり、大体のソフトは64bitに対応しています。

ですが、よく使われているソフトでも、一部メンテナンスされていないものもあります。事前「〇〇 64bit」とかで調べておくとよいでしょう。

また、ほとんどのメーカーやショップで売られているパソコンは、購入後に32bitや64bitへ変更することが可能になっています。手間はかかりますが、とりあえず64bitを買って、ダメなら32bitにすることもできます。

カテゴリー: コラム   タグ:   この投稿のパーマリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>