Windowsのサポート期限一覧


Windows XPやVista、7には、それぞれサポート期限が定められています。

このサポート期限を過ぎるとサポートが受けられなくなり、新たに出現した脆弱性に対処できず、何らかの損害を受ける可能性が出てきます。

その損害を受けないためには、期限までにWindowsのバージョンアップをすることで、バージョンアップ後のOSのサポートが受けられます。

2012/02/19追記
Windows Vista、7共に、延長サポートの期限が伸びております。

メインストリームサポートと延長サポート

サポートには2種類あり、それぞれメインストリームサポートと延長サポートがあります。

メインストリームサポートとは

ASCII.jp:XPの「メインストリームサポート終了」ってどういうこと?より引用すると、

  • インシデント サポート(メールや電話による無料サポート)
  • セキュリティー関連以外の修正プログラムの新規リクエスト

の2つの対応が終了することになる。つまり、今後も有償サポートは継続して受けられる

ということです。

延長サポートとは

OSのセキュリティサポートが受けられます。新たなセキュリティリスクが発生した際に、毎月配布されているWindows Updateが更新されます。

延長サポートが過ぎると、セキュリティアップデートは行われないので、早急に新しいOSに更新する必要が出てきます。

Windows 7のサポート期限

すべてのエディションのメインストリームサポートは2015年1月13日まで、延長サポートは2020年1月14日までとなっています。

対象エディション

  • Windows 7 Starter
  • Windows 7 Home Basic
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Ultimate
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Enterprise

Windows Vistaのサポート期限

メインストリームサポートは2012年4月10日まで、延長サポートは2017年4月11日までとなっています。

マイクロソフトの発表により、すべてのエディションのサポート期限が2017年4月11日まで伸びています。対応するのは、Windows Vista SP2をインストールしているもののみで、SP1は対応していません。

対象エディション

  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Ultimate
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Business

Windows XPのサポート期限

メインストリームサポートはすでに終了済みで、現状は延長サポートのみとなっています。

XPの延長サポート期限

2014年4月8日まで

対象エディション

  • Windows XP Professional
  • Windows XP Professional x64 Edition
  • Windows XP Home Edition
  • Windows XP Media Center Edition

追記した現在(2012年2月19日)では、OSサポート期限を理由に、新しいパソコンを買う必要は特にない状況となっています。

参考にしたサイト

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>