ノートパソコンの画面サイズが端数な理由


ノートパソコンの画面は、インチサイズで表すと、15.6インチだとか、12.1インチ、13.3インチなどという、半端な数になっています。

なぜ半端な数なのかが気になったので調べると、どうやらブラウン管と関係があるようです。

ブラウン管ディスプレイに直すと整数に

納得のいく理由が書かれていたのは、教えてgoo。引用すると、

液晶の表示エリアでは14,1型はブラウン管で言えば16型相当です。13,3型はブラウン管では15型相当。
12,1型は14型相当のブラウン管ディスプレイになります。

なるほど。ブラウン管に換算すると、きちんと整数になります。

液晶はパネルサイズいっぱいに表示できますが、ブラウン管は縁が生じるため、表示エリアが小さくなります。ブラウン管の規定サイズに合わせると、画面のサイズが小さくなるから、端数が出る。

ブラウン管が市場から駆逐されようとも、こう言った形で名残があるのは、ブラウン管がそれほど偉大だということでしょうか。

カテゴリー: ノートパソコンのあれやこれ   タグ:   この投稿のパーマリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>