インテルがウルトラブックを提唱


インテルが、タブレットからヒントを得た薄型ノートパソコンを主流にするようです。

ウルトラブックの定義

上記サイトから引用すると、

本体の厚さが20mm(約0.8インチ)以下

ということらしいです。ノートPCの性能と「タブレットのような特徴」を、「薄型、軽量で優雅なデザイン」の中に融合したものらしいですが、タブレットのような特徴が、どのようなものなのかについては、具体的に触れられていません。

あとOSについても書かれていませんが、やはりWindowsなのでしょうか。

なんだかズレている気がする

軽量薄型安価であるのはいいですが、タブレットに求められているのは使いやすさだと思っています。簡単にネットが見れる、メールチェックができる、動画が見れるというような感じで。

そしてそれは、わざわざノートパソコンである必要性はないでしょう。

うまく言えませんが、微妙だなと感じました。

カテゴリー: ノートパソコンのあれやこれ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>