ヒューレット・パッカードが国内生産で納期短縮


2011年6月17日日経朝刊より。*ヒューレット・パッカードが、日本向けのノートパソコンを、全て日本で生産することにしたようです。

これにより、納期が5営業日程度になります。

人件費は増えるけど、価格は据え置き

日本は、世界的に見ても人件費が高いです。中国で生産する場合の大体4倍程度の人件費がかかるとのこと。

それを納期短縮の販売増 & 部品の大量仕入れで補うようです。

ちなみにHPより早いところでは、ドスパラ*があります。最短当日、カスタマイズしても3日、というのが売り。

とは言ってもドスパラの場合、法人向けノートはあまりないなので、法人向けがたくさんあるHPの最短5営業日というのは、魅力的かもしれません。

同じく国内生産をしている富士通直販*では、選ぶパーツによりますが、1週間から10日程度を見ておいたほうが良さそうですね。

カテゴリー: ノートパソコンのあれやこれ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>