ノートパソコンのキーボードを考察


ノートパソコンのキーボードは、各メーカーごとに色々ありますが、それらを大まかに分類して使いやすいキーボードはどんなものか、反対に使いにくいキーボードはどんなものか、を考えてみました。

大まかな違い

キーボードの配置や形状は、ほとんどのメーカーで違いますが、ある程度分類することができます。

アイソレーションキーボードとパンタグラフキーボード

アイソレーションキーボードとは、キーの間が離れているキーボードのことです。有名所としては、Appleやソニーのキーボードがアイソレーションキーボードになっています。

MBAのキーボード例

キー間隔が離れているので、ゴミがたまりにくく、また、誤打しにくいとのことです。

個人的には、キーストローク(キーを押し込める深さ)がパンタに比べて少ない気がします。

パンタグラフは、アイソレーション以外と考えておけばよいかと。アイソレーションのようなキー間隔ではなく、キーとキーの間の隙間があまりありません。傾向としては、最近アイソレーションが増えています。

JISキーボードとUSキーボード

こちらはキー配列の違いになります。

JISキーボードは、日本語キーボードとも言われており、簡単に言うと、Enterキーがでかいのがそうです。ほか、キーにかな入力の文字がプリントされていたりします。

反対にUSキーボードは、EnterキーがShiftキーのように細長くなっています。かな入力のプリントもなく、@の位置(Shift+2)が違っていたりします。

USキーボードを選択できるメーカーは限られていて、Apple、レノボ、ソニーのみです。

その他にも配列が違うキーボードはありますが、日本で発売されているノートパソコンではJISかUSがほとんどなので割愛します。

日本人はJISキーボードの方が良いのではないか

個人的な意見になりますが、日本人にはJISキーボードが向いていると思います。

それはなぜか?というわけですが、日本語入力をする際に、文字を入力して、文字変換をして、文字を確定させる、という流れになります。最後の「文字を確定させる」という段階の時に、Enterキーが大きいとタイプしやすいと思うからです。

英語の場合、Enterキーをタイプせずとも、文章を作成できます。Enterを打鍵するのは、改行の場合くらいでしょうか。

そう考えたときに、ひらがな、カタカナ、漢字、全角半角などの多様な文字を持つ我が日本では、変換した文字を確定させるためにタイプするEnterキーは、打鍵しやすい大きめの方がいいだろう、と思うわけです。

例外としては、英語でのタイプが多くなる人、例えばプログラマーなんかは、USキーボードでも問題は少ないかと思います。

Enterの右となりにキーがあると誤打しやすい

わかり易い例としては、HPのキーボードがいいでしょうか。

HPのキーボード例

Enterキーの右に、PageUpとかPageDownがあります。これ、実際にタイプしてみるとわかりますが、Enterをタイプしようとすると、右のキーを一緒に叩いてしまうことが多いです。

僕は一時期このようなキーボードを備えているノートパソコンを使ったことがありますが、非常にタイプミスが多く、イライラした記憶があります。文字を確定させた途端、思っても見なかったところにカーソルが移動していて、そこで文字入力を始めてしまいイライラ。思い出したらイライラシてきました。

HPの他に採用しているメーカーとしては、デルのXPS15なんかが該当します。XPS15は良い構成だと思いますが、キー配置が気にくわないので、僕はおそらく購入検討に入らないでしょう。

個人的に良いと思うキーボード

Enterのすぐ隣にキーがあるのは良くない、というのは書きました。これについては、テンキー付きのノートを買った場合、障害がない部分もあります。

その他としては、上下左右キーに、PageUpやHomeなどを割り当てたキーが使いやすいです。

Functionキー+Shiftキー+上下左右キーで文章が打ちやすく

今使っているノートパソコンがそうなのですが、左手でFunctionキーとShitキーを押し、右手で上下左右キーを押すことで、PageUpやHome、PageDown、Endが操作できるようになっています。これ、文字を打つときに非常に便利で、例えば1行まるまる消したい場合には、カーソルをFn+左キーで行頭に移動し、Fn+Shift+右キーとすることで、1行だけ選択できます。複数行選択したい場合は、Fn+Shift+下キーとやることでできます。

これの利点は、マウスポインターの操作が減り、キーボードのみで操作が可能になることです。ノートにもマウスはついていますが、やはり操作するのは面倒。

Enterキーがでかい

個人的にEnterキーはよくタイプするキーボードの1つ。で、結構雑に、そして適当に叩くので、なるべく大きい方がミスタイプが少なくなるので、好ましいです。ようは、カチャカチャカチャ…ッターン!ってやりたいだけですけど。

試打してみるのが1番

ここまで色々書いてきましたが、1番わかりやすいのは、店頭で試打してみることです。僕がWidnowsタブレットがコケるとよく書くのは、実際に店頭でONKYOのWindowsタブレットを触ってきたからです。実際に触ると、どんなものなのかがわかるので、デモ機で文章を書いてみると良いでしょう。

カテゴリー: ノートパソコンのあれやこれ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>