パソコンの製造コストが下がっているらしい


2011年9月9日の日経新聞朝刊より。日本製のパソコンの製造コストが、中国製に比べて製造コスト差が少なくなっているとのこと。

人件費差を生産革新で縮める

主に富士通とソニーですが、富士通は生産ラインに複数の作業をこなせるロボットを導入、ソニーは設計から製造までを長野(ソニーEMCS長野テクノロジーサイト)に集約することで、人件費の圧縮をするようです。

日本の有名パソコンメーカーの人件費圧縮もそうですが、中国側もインフレに伴う従業員からの賃上げ圧力もあり、人件費が上がっています。

海外への輸出も拡大

コスト差がなくなりつつあるということで、海外でも戦いやすくなるということで、富士通は年間220万台を輸出する予定です。

海外輸出は、直接は関係有りませんが、長期的に見れば、日本企業のパソコン生産台数が増えるので、その分部品調達費用も安くなるはずで、良い性能のパソコンを安く買えるようになると思います。今でも十分安いですけどね。

また短期的に見ても、ソニーは安くてそこそこの性能を持っているVAIOを出しています。日本製のパソコンはこれから更に安くなりそうですね。

カテゴリー: ノートパソコンのあれやこれ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>