PC用メモリーが安くなり買いやすくなっている


デスクトップでは、8GBメモリも売られるようになり、メモリ界隈では活気づいているように思います。

そこでメモリの価格について調べてみたところ、ずいぶんと安くなっておりますので、ノート用のメモリであるS.O.DIMMについて書いてみようと思います。

メモリの価格比較

ノート用の規格に絞込み、メモリ容量を2GBと4GBで見て行きましょう。なお2GB、4GB両方とも、多くの機種で採用されているPC3-10600のものを取り上げています。

ノート用2GBメモリの価格比較

まずは2GBですが、最安で1000円を切っています。これはお安い。1GBあたり500円なので、ワンコインアップデートのようです。

ノート用4GBメモリの価格比較

続いて4GBメモリ。ギガバイトあたり400円を切っています。

1枚だけ追加がやりやすい

ノートの場合、大体はメモリスロットルが2個あって、最近だと2GB1枚刺しとか、4GB1枚刺しということもあります。なので、開いているメモリスロットルに追加で差す、という選択肢が取りやすいです。またメモリ1枚あたりの価格も非常に安い。

それを見越してか、各メーカーでは、メモリ1枚刺しのカスタマイズが可能なところもあります。例えばパソコン工房マウスコンピューターiconドスパラ*など。

もちろん例外もあり、そもそも分解が困難、もしくはメモリ自体がはんだ付されており、そもそもメモリの交換ができないこともあるので注意が必要です。

更に言ってしまえば、ご自身でメモリ交換や増設を行うと、ほぼ例外なく保証の対象外となるので、気をつけましょう。
まあ4GBもあれば事足りると思いますが…。

ノート用メモリの増設に関しては、以前僕がやったことがあるので、そちらをどうぞ。

カテゴリー: ノートパソコンのあれやこれ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>