Thunderbolt搭載VAIOとVAIO Chromeがでるかもしれない


まだ未発表ですが、ソニーからVAIO Hybrid PCとVAIO Chromeがでるようです。

軽量薄型ノートと拡張ユニットのセット

VAIO Hybrid PCは、軽量薄型のノート部分と、ディスクリートGPU、BDドライブ、各種ポートを備えた2つで構成されるようです。

ちなみにディスクリートGPUとは、ディスクリートが分裂したとか、別々のということから、CPUに内蔵はされていないと考えられます。

で、このノート部分と拡張部分の2つがあるということは、レノボのX201シリーズのようなものでしょうか。

X201シリーズは、ドライブの増設やポート数の増加ができる、ドッキングデバイスであるウルトラベースが付けられます。

本体と拡張がそれぞれあるのは、すでにレノボがやっているので置いておくとして、気になるのが、Appleが先駆けて採用したThunderboltです。

Chrome OS搭載のノート

Chrome OSとは、Googleが開発しているオペレーションシステムのことです。

Windowsとは違い、主にブラウザベースでPCを操作するもので、昔のLinux端末みたいな感じになるのでしょうか。

本体のPCでの処理はほとんど想定されていない性能なので、ひょっとしたらネットブックよりも性能は低いかもしれません。

用途的には、ブラウジング、メール送受信、文書作成などになりそうですが、物書きの方には調度よいかもしれません。

上記2つについて、値段は書かれていませんが、VAIO Hybrid PCは結構高くなりそうというのが僕の考えです。

というのも、薄型軽量ノートは、もともと価格が高いものであり、そこにソニーのブランド代が載るから。

反対に、VAIO Chromeはそれほどではなさそうに思います。

GoogleがOSを提供するPCであり、発売されるとしたら、初期に発売されるでしょう。

OSなんてものは、使われてなんぼですので、シェア拡大のために、Googleからソニーにお金を出すのではないかと勝手に予想しております。

カテゴリー: 気になる新製品ノートPC   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>