マウスよりRadeon HD 6730M搭載15インチノートが発売


マウスより、15型ノートにミドルレンジのグラフィックチップ搭載ノートが新登場しております。

ミドルレンジグラフィック搭載のLuvBook R シリーズ性能

LuvBook R シリーズ LB-R400B
CPU Core™ i5-2410M
グラフィック AMD Radeon™ HD6730M/ インテル® HD グラフィックス 3000
(AMD Dynamic Switchable Graphics Technology対応)
ディスプレイ 15.6型 ワイド光沢液晶ディスプレイ(1,366×768)
メモリー 2GB
ハードディスク HDD 320GB
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ポート USB2.0×1、USB3.0×2、HDMI出力ポート×1、eSATAポート×1、マルチカードリーダー
無線LAN IEEE802.11 b/g/n
OS Windows 7 HomePremium 64bit

価格:59850円~

用途としては、ちょっといいグラフィック搭載ということなので、画像加工や映像編集などが用途としてあげられます。
ほか、あまり性能を要求されないゲームなど。

15型なので、バッテリーの持ち時間を気にする必要はないと思いますが、なぜか内蔵グラフィックと切り替えが可能な、AMD Dynamic Switchable Graphics Technologyなるものがついております。

より省電力でということであれば、グラフィックの切り替えはいいとは思うものの、ほぼ室内での使用が想定される15型ノートで、グラフィックの切り替えニーズはあるのかなと。

なお、専用グラフィックが搭載されているので、値段はちょいお高めとなっています。搭載されているRadeon HD 6730Mは、まだ海外でもベンチマーク結果が出ていないのでどのくらいのパフォーマンスなのかはよくわかりません。GT540Mくらいでしょうか。

上記構成以外に、CPU、メモリ、HDDを強化したモデルもあり、いずれもカスタマイズが可能です。

専用グラフィック搭載ノートとしては安い印象

上記では、ややネガティブっぽいことを書きましたが、良い面も書くなら、専用グラフィックチップが搭載されているノートパソコンとしては、価格は安い部類に入ります。

GeForce 540Mが載ると、ドスパラやデルでは8万円程度はします。

メモリやHDDの容量が少なめではありますが、ミドルレンジのグラフィック性能が5万円台で手に入ると考えれば、安いと言えましょう。

ただ、先程も書きましたが、まだベンチマーク結果がどこにも掲載されていないので、あまり詳しいことは言えないですが…

カテゴリー: 気になる新製品ノートPC   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>