DELLの新しいXPSシリーズ、キーボードが改良されて使いやすく


DELLのXPSシリーズに、小文字のzがついた新しいXPSシリーズが登場しております。

新しいXPSのチェックポイント

XPS14のキーボードと見た目ITmediaの画像を引用してみると、大きな変化は、エンターキーの右横に、HomeやPageUpなどのキーが配置されていないことにあります。

今までのXPSシリーズのキーボードは、エンターキーの横にHomeやPageUpキーがあり、エンターキーをタイプする際に、一緒にHomeやPageUpなどをタイプすることしばしば。漢字変換が必要な日本語としては、頻繁に叩くキーの横に、カーソルを移動させるキーを配置するのは、個人的な経験から言っても、あまり好ましくありません。ですので、この変更は歓迎したいところです。

アイソレーションキーボードは、趣味趣向が別れる所なのでなんとも言えませんが、最近の流行に乗っているというところでしょうか。

ちなみにXPS14zは、11月15日より販売されるとのことです。

XPS 15z*はすでに発売されており、こちらも14zと似たような仕上がりになっています。特にエンターキーの右横に変なキーがないので、zがついていないXPSシリーズよりおすすめできそうです。

カテゴリー: 気になる新製品ノートPC   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>